読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HoLo's LIFE.zip

就職を機にブログを立ち上げました。

フクロウカフェに行って来ました。

日記

フクロウのみせ +plus 京都店

 

 友人と京都の四条あたりをぶらついている時に、ふと見つけたフクロウカフェ。店の前には客引きと思しき和服姿の女性が、左手に一羽のフクロウを乗せていました。最初はほんの気まぐれで入店した所なのですが、とても良い時間を過ごすことができましたので紹介したいと思います。

 

 

初の動物系カフェ

 私は動物系のカフェに行ったことが一度もありません。猫カフェや爬虫類カフェなどいろいろとあるようですが、初の動物系カフェは「フクロウカフェ」になりました。

 店に入るとカウンターがあり、そこでコースを選びます。30分、60分、90分、120分(記憶が正しければ)のどれかを選択し、料金を先に払うという形式でした。

 私たちは120分コースを選択しました。料金を支払い、まずはフクロウと触れ合うにあたっての注意事項がまとめられた5分少々のビデオを見ます。その後、スタッフの和服女性に現在触れ合えるフクロウ達の紹介をしてもらい、触れ合いたい子を指名するという流れでした。

 小型の子は手、肩、頭に。それ以上の子は、手のみに乗せられるとのことです。

 

 カフェという言葉から連想できる、「テーブルの前に座り、ゆっくりとお茶を飲む。」というものではなく、フクロウとの触れ合いのみに特化したお店でした。飲み物は指定したコースに応じて、無料で頂くことができまます。

 

四方をかわいいフクロウたちに囲まれた幸せ空間

 店内のフクロウは全部で10羽。触れ合えるフクロウは同時間に3羽、他の子は壁側で休憩しており、1時間ごとに交代という制度でした。休憩中の子達は触れてはいけないけれど写真撮影はOKとのことです。

 

f:id:holosline:20170228010844j:image

f:id:holosline:20170228010902j:image

休憩中のごまちゃんとなのちゃん。

 

ふれあい

とっぽちゃん

 さて、初のフクロウとの触れ合い。非常にビクビクとしながらも、左手に乗っていただきます。

 

f:id:holosline:20170227225031j:image

 

 後ろ姿ではありますが、スピックスコノハズクの"とっぽちゃん"。普段は大人しいとのことですが、この日はテンションが高かったらしく、ずっとそわそわしていました。

 頭から羽にかけてそっと撫でてみると、思いの外ふかふかで驚きます。嫌がられないかとすごく不安でしたが、特にそんな様子もなく変わらずそわそわとしていました。スタッフさん曰く”楽しんでいる。”とのことでしたが、私にはまだよくわかりませんでしたね。

 

f:id:holosline:20170227225752j:image

 

この後、肩にも乗ってもらいました。しばらくじっとしていると、少しずつ少しずつ近づいて来てくれて、ふわふわの羽が耳に擦れてなんとも言えない気分になりました。

 

f:id:holosline:20170227230933j:image

 

とんとんと少し跳ねながら動いていたのが、とても可愛かったです。

 

もなかちゃん

 私がとっぽちゃんと触れ合っている間、友人はアフリカオオコノハズクの”もなかちゃん”を手に乗せていました。

 

f:id:holosline:20170228104104j:image

 

 お互い見つめあっていて、ぶっきらぼうな友人の口元も思わず緩んでしまっているようでしたね。とても微笑ましい光景でした。 

  友人がもなかちゃんと触れ合っている間も、私はとっぽちゃんと居たので、もなかちゃんの写真はあまり撮ることができませんでした。残念です。

 

べいちゃん

 はてさて、とっぽちゃんとは一度お別れして、お次はナンベイヒナフクロウの"べいちゃん"。

 

f:id:holosline:20170227232436j:image

 

 とっぽちゃんよりも一回り大きい子でした。とても美人さんで、写真ではわかりづらいですがまつげがとても長かったです。スタッフさん曰く、「まばたきしている姿が本店一の美人さん。」とのことでした。

 

 

f:id:holosline:20170227232831j:image

友人の手に乗るべいちゃん。背景が相まってすごくいい絵に。

 

べいちゃんは、よくこちらを向いてくれる子でした。目が真っ黒に見えていたので、最初は怖いと感じていましたが、目を合わせている内にその美人さに気づき、段々と惹かれてしまいました。

*1

 

えるちゃん

 お次は、今回初の中型の子である マゼランワシミミズクの"えるちゃん"。正面から見るとすごくキリッとしていて、かっこよかったです。

 

f:id:holosline:20170228011416j:image

f:id:holosline:20170228094411j:image

 

 頭にちょんっと生えている耳のようなものは"耳羽(じう)"、"羽角(うかく)"と言い、耳ではないらしいです。なぜ存在するのか、どのような機能があるのかは現在でも解明されていないのだとか。

 体が大きい分、脳も大きいため、えるちゃんは名前を呼ぶとそちらを向いてくれるのだそうです。残念ながら私の呼び掛けには応じてくれませんでしたが、スタッフさんの声にはしっかりと反応していました。

 とてもおとなしい子で、他の子にじゃれつかれる事が多いそうですが、「はいはい、わかったわかった。」と決して怒りはしないのだそうです。何とも貫禄のあるお姿でした。

 

ごはんタイム

 左手にえるちゃんが乗っている間、休憩中だったべいちゃんのご飯タイムがありました。

 

f:id:holosline:20170228094949j:image

 

 べいちゃんはなかなかのグルメらしく、生肉をすぐには食べてくれないのだそうです。冷たいと食べたがらないらしく、まずは口を温めてあげる必要があるのだとか。それでもすぐには食べずに、何度もついばんでは離してを繰り返したのちに、ようやくパクパクと食べていました。

 人間の食べ物にも興味津々なのだそうです。

 フクロウのごはんシーンを初めて見たので、これまた貴重な経験をさせていただきました。

 

f:id:holosline:20170228095251j:image

f:id:holosline:20170228095308j:image

休憩中のごまちゃん、なのちゃん。

 

こだまちゃん

 さて、続いてはオオスズメフクロウの”こだまちゃん”。本日一番の元気な子でした。

 

f:id:holosline:20170228095357j:image

  

 こだまちゃんは、どうやら足元の結び目が非常に気になるらしく……、

 

f:id:holosline:20170228105846j:image

 

 ずっと、激しくついばんでいました。結び目が、さも親の仇かであるかのような激しさです。スタッフさん曰く、結び目をついばんで引っ張り、くちばしから結び目が離れる瞬間の”ぱちん”という音が好きで遊んでいるそうです。

 また、お茶目な点もありまして、こだまちゃんを肩に乗せると、どういうわけか結び目がなくなったと勘違いするらしくとても大人しくなるんだとか。

 残念ながら今回は肩に乗せられませんでしたが、次回機会があれば是非お願いしたいですね。

 

でこちゃん

 続きましては、メンフクロウの"でこちゃん"。本日二羽目の中型の子です。

 

 f:id:holosline:20170228110318j:image

f:id:holosline:20170228112411j:image

 

 おっとりとした目元が可愛らしい子でした。今日はどういう訳なのか、肩に向かって何度も飛ぼうと羽ばたいていました。

 

f:id:holosline:20170228110919j:image

 

 改めて思いますが、羽ばたく力ってすごいですね。結構離れていても、なかなかの風を感じることができました。くりっとした目で見つめられながら、こちらに向かって羽ばたいてくるんです。かわいくて仕方がなかったですね。羽ばたいているときは怖がってしまい、でこちゃんを直視できませんでしたが。(妄想補完)

 

なのちゃん

 本日最後に触れ合ったのが、コキンメフクロウの"なのちゃん"です。

 

f:id:holosline:20170228130200j:image

f:id:holosline:20170228130637j:image

 

休憩中、ずっとごまちゃんと寄り添っていた子ですね。ごまちゃんの事が大好きらしく、ごまちゃんが他の子に気を取られていると、ヤキモチを妬いてしまうらしいです。

 

f:id:holosline:20170228130401j:image

 

 なのちゃんには肩にも乗ってもらいました。肩に乗ってもらうとすごく癒されるのですが、自分ではよく見えないというのがもどかしいです。

 

気持ちの良い接客

 決して偉そうな立場から物を言いたいわけではなく、スタッフさんが非常に良い方々でしたので少し書かせていただきたいと思います。

 2時間もの間を過ごしましたが、とても好印象を持てました。いろいろと小噺を聞かせてくれたりと、退屈と感じることがありませんでした。また、海外のお客さんも団体で結構いたのですが、英会話での自然な受け答えをしていらっしゃいました。

 フクロウ達の様子を見つつ、お客さんの動きも見つつ、お客さんに満遍なく気さくに話しかけて。とても大変そうに見えましたが、私たち客にとって、とても過ごしやすい環境を作って下さっていました。

 

さいごに

 是非もう一度訪れたいと思い、名刺を頂いてきました。

 

f:id:holosline:20170228134228j:image

 

 名刺もなかなかかわいいデザインですね。白を基調に、単色塗りのフラットなデザインでとても気に入っています。

 

 公式WEBサイトは、こちらをご参照下さい。

www.owlfamily.co.jp

 

サイト内もフクロウたちがいっぱいでとても癒されますよ。また、私が今回お邪魔した京都店は、こちらのページになります。

 

www.fukurounomise-mc.co.jp

 

 各店舗のページでは、フクロウたちの出勤スケジュールや、フクロウの紹介などもありますので、興味がありましたら是非ご覧ください。

 

 幸せな2時間を過ごすことができ、とても満足しました。もうすぐ京都を発ってしまうので、しばらくは来店できないと思うと本当に残念な思いです。京都出発前の数日内に相方と一緒に行けたら理想ですね。

*1:後ほどメンバー交代直前に再指名させて頂きました。